地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

リハビリテーションセンター

構成

リハビリテーション科の構成

当科では、病院の機能特性や地域の役割を考慮してチームを構成しています。このチームは、下記に示す9つのチームで構成し、それぞれのチームで臨床業務の管理・運営、教育、研究を進めています。

脳卒中チーム

早期離床プロトコルを他職種と共同で作成し、円滑な離床を行える体制を整えています。様々な理学療法の手技やアプローチを行えるスタッフが在籍し、教育では病態生理や画像所見に基づく障害特性などについて勉強会を企画しています。

作業療法では、麻痺手の上肢機能練習や高次脳機能障害に対する介入や日常生活動作練習を積極的に取り組んでいます。特に、院内ADLの向上のために排泄動作練習を取り入れて自己排泄動作能力の改善に取り組んでいます。

救命救急チーム

集中治療部門では、人工呼吸管理を要する重症患者を含めて早期リハビリテーションを行っています。呼吸・循環や栄養の評価をもとに呼吸理学療法や早期離床を行っています。離床難渋例には、神経筋電気刺激やベッド上でのペダリングを導入しています。

心臓リハチーム

当院独自のプロトコルに基づき、心臓リハビリテーションを行っています。プログラム以外にも身体機能が低下した患者さんには、筋力増強を含めた運動療法も行っています。また、外来心臓リハビリテーションも行っており、一貫した理学療法体制を整備しています。

整形外科チーム

年間100件を超える人工関節の手術を行う患者に対して手術前後のリハビリテーションを提供しています。また、脊椎センターの依頼では、神経障害に対する理学療法と作業療法を行います。基礎となる触診技術の向上を図るための勉強会を定期的に開催しています。

作業療法では、交通事故や転倒・転落などの外傷患者はしばしば上肢機能障害を患う患者さまに対し、上肢機能の運動療法以外にも自助具・スプリント作成やポジショニング指導など幅広く介入しています。

がんチーム

周術期、化学療法、放射線療法、そして緩和治療の患者に対してリハビリテーションを行っております。身体的・精神的なサポートを行えるよう丁寧に寄り添っています。

廃用チーム

腎臓内科、形成外科、代謝内科、総合内科などの診療科による依頼の多く、廃用症候群に対する介入を行っています。また、糖尿病患者の教育入院における個別的な運動介入・指導や糖尿病教室を開催しています。

認知症・せん妄チーム

認知症回診やカンファレンスを通して認知症を有する患者への適切な対応を指導しています。また、作業療法士が関わりベッド周辺の環境調整を行っています。環境の変化はせん妄を発症しやすく、当科では集中治療室(ICU)においても作業療法を行っています。

摂食嚥下チーム

当院では、人工呼吸器抜管後や脳疾患、肺炎の患者が多く、言語聴覚士による摂食嚥下評価が重要となります。また、詳細な検査が必要な場合には、VF(嚥下造影検査)やVE(嚥下内視鏡検査)を行っています。

高次脳機能障害チーム

脳卒中、頭部外傷の患者に対して高次脳機能検査と介入が必要となります。テストバッテリーで詳細な高次脳機能障害を抽出し、医師や看護師と情報共有して関わり方の統一を図っています。主に、作業療法士と言語聴覚士で介入しています。

外来診療受付時間

PAGE TOP