地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

診療支援局について

診療支援局について

診療支援局

令和3年4月1日の組織改編に伴い、共同運営部門等での業務を円滑に遂行し、医療専門職員を一元的に組織することで、効率かつ適切な要員の配置を行い、効率的な病院の経営及び診療の支援並びに患者サービスの向上に資することを目的に診療支援局が開設されました。

 診療局(医師)や看護局(看護師)、事務局(事務職員)と異なる視点を医療に役立てて、医療専門職が集結し、バランスが取れた真のチーム医療を実践できる組織づくりを目指しています。


烏野 副病院長兼診療支援局長を真ん中に各部門の責任者

診療支援局長 あいさつ

医療は多種職との連携で成り立っていくものである中で、これまで技術職として薬剤科、検査科、放射線技術科、臨床工学科、リハビリテーション科、栄養管理科がありました。この診療支援局という部局は、これら技術職において、各部門が病院の方針を理解して、さらにお互いが情報を共有しあい、各部門の活動の見える化を行うことで協働する意識を高め、最適な安心・安全な医療技術を提供することを目的としています。そのため、お互いが働きやすく、安心して医療提供ができる職場環境づくりなどの改革も行っていくなど、職員のための良質な基盤を作っていくまとめ役をさせて頂こうと思います。 

2021年(令和3年)4月
地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
副病院長兼診療支援局長 烏野 隆博

診療支援局の活動

  1. 診療支援局会議
    部門長を中心に診療支援局の運営方針や各部門での諸問題について協議・報告を行う。
  2. 多職種カンファレンス(教育研修委員会主催)
    教育研修委員会が開催する多職種カンファレンスに積極的に協力し、参加する。
  3. 分科会の開催
    学術研究支援、人材育成・教育、医療安全、業務改善、人事評価・採用昇進の5分野について、各部門から委員を出して、職種を横断した会議を開催する。

組織図

外来診療受付時間

PAGE TOP