地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

形成外科

診療内容と特色

当院は日本形成外科学会認定施設であり、学会専門医が常勤しております。

また科単独の診療にとどまらず、他科との合同手術(頭頚部癌、乳癌などの癌切除後の再建手術)や、 隣接する泉州救命救急センターでの外傷後欠損・顔面骨骨折に対する手術など、地域医療に貢献する診療をおこなっております。

主な診療内容

形成外科の診療対象は非常に多岐にわたるが、当科では主に以下の診療を行っております。

 

皮膚皮下良性腫瘍、母斑、血管腫、皮膚悪性腫瘍の外科的治療

小児の皮膚皮下腫瘍手術は、日帰り全身麻酔手術で行っている。

 

顔面骨骨折の観血的整復手術

基本的に骨折部位の固定には吸収性プレートを用いるため、後日プレート抜去手術は必要はない。

 

眼瞼下垂・睫毛内反症の修正手術

先天性眼瞼下垂、加齢などに伴う腱膜性眼瞼下垂、睫毛内反症等の治療が可能である。

 

表在性皮膚病変に対するレーザー治療

表在性血管腫等に対するVbeamレーザー治療、太田母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素沈着に対するアレキサンドライトレーザー治療、皮膚表在性病変に対する炭酸ガスレーザー治療が可能である。

 

乳癌術後の乳房再建

当科では乳腺外科と連携して、乳房再建術を行っている。保険適応となったシリコンインプラントによる乳房再建以外にも、自家組織(広背筋皮弁、DIEP flap、PAP flap等)を用いた一期的および二期的再建を行っている。乳腺全摘術を行う患者さんでは、通常乳癌切除と同時にティッシューエキスパンダー(皮膚拡張器)を挿入し、不足した皮膚を拡張した後に二期再建を行っている。

 

顔面神経麻痺の外科的治療

眉毛・眼瞼・口角下垂の矯正や、神経筋移植による機能回復手術が可能である。

 

熱傷、凍傷の治療

 

外傷後や手術後の瘢痕、ケロイドの治療

 

陥入爪・巻き爪の治療

形状記憶ワイヤーを用いた非観血的矯正治療や、フェノール法等による観血的治療を行っている。

 

癌切除後再建、外傷性・難治性皮膚欠損の再建手術

頭頸部癌切除後のマイクロサージェリーによる再建手術や、その他各種癌切除後欠損・外傷後欠損の再建手術を行っている。

 

その他の院内活動

全入院患者の褥瘡対策を担い、褥瘡対策チームの中心として看護師・薬剤師・栄養管理士とともに週1回(火曜午前)の褥瘡回診を行っている。

 

美容外科診療について

美容目的の診療(二重まぶたの形成、顔面のしみ・皺とり、脂肪除去、豊胸術、ピアスの穴あけ、入れ墨除去など)はおこなっておりません。

ただし以下の診療については自費にて対応しております。

 

◇炭酸ガスレーザーによるホクロ、その他の皮膚腫瘍の除去

072-469-3111

PAGE TOP