地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

外科

診療内容と特色

概要

乳腺、甲状腺グループ

位藤俊一、高橋裕代

上部消化管グループ

出村公一、東重慶

下部消化管グループ

金浩敏

肝、胆、膵グループ

位藤俊一、畠野尚典、梶原淳

小児外科グループ

飯干泰彦

◆乳腺、甲状腺グループでは、主に乳がん、甲状腺がんの診断、治療を行っています。バセドウ病では、内科的治療でコントロール困難な症例に対して手術治療を行っています。

◆上部消化管グループでは、主に食道がん、胃がん、胃粘膜下腫瘍などに対する外科治療を行っています。

◆下部消化管グループでは、主に大腸がん、直腸がんの外科治療を行っています。さらに大腸内視鏡によるポリープ切除(EMR)を1泊2日の入院で積極的に行っています。

◆肝胆膵グループでは主に原発性肝がん、転移性肝がん、胆道癌、膵がんに加え胆のう結石症や急性胆のう炎の外科治療を行っています。

◆小児外科グループでは、一般小児外科的疾患をはじめ緊急を要する疾患に関しても診療しています。

ご挨拶

りんくう総合医療センターは日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本乳癌学会、日本超音波医学会、日本内分泌外科学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器内視鏡学会の認定施設であり、それ以外にも小児外科学会、内視鏡外科学会、食道学会、救急医学会、肝胆膵外科学会、臨床腫瘍学会、がん治療認定医機構等の、指導医、専門医、認定医も配しています。 また、乳癌学会、肝胆膵外科学会、内分泌外科学会、静脈経腸栄養学会、小児外科学会、日本超音波医学会の評議員在籍施設でもあります。

当 院では他診療科、他職種と連携したチーム医療を実践していますが、新たなチーム編成によって『親切、丁寧、迅速』をモットーに患者さんに対応いたします。 当科では患者さんにやさしい腹腔鏡下手術などの低侵襲治療にも積極的に取り組んでいます。 ご紹介いただく際には、可能な範囲でそれぞれのグループにご紹介いただければ幸いです。

緊急を要する症例に関しましては、従来通り対応いたしますのでよろしくお願い申し上げます。 原発不明がんや多数の診療科の検討を要する悪性病変などに関しましては、キャンサーボードによる検討を院内全体で多数の診療科の医師や様々なチームが集合して行っています。 時間外の緊急手術症例に関しましては、Acute care surgeryセンターとして救命診療科と外科とで連携し対応しています。 地域連携パスに関しましては、地域の先生方のご尽力により大阪府で第4位の運用数となりましたことをご報告いたします。心より感謝いたしますとともに今後とも患者さんや地域の先生方にご満足いただける診療を目指して日々邁進する所存です。

ご高配のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

乳腺外来(外科)について

乳腺の精密検査・診断を行ないます。乳がんの早期発見・診断を目的として乳腺専門外来を設けています。

乳がん検診や人間ドッグなどで、要精検、要経過観察と診断された方や気になる症状のある方は、お気軽にお問い合わせください。

詳しくは「乳腺外来(外科)について」ページをご覧ください。

 

NCDの外科手術・治療情報データベース事業について

当院は、平成23年1月1日より、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の 外科手術・治療情報データベース事業に参加いたします。

詳しくは「NCDの外科手術・治療情報データベース事業について」をご覧ください。

後期研修内容の詳細

詳しくは医師・研修医募集サイト「外科」をご覧ください。

 

072-469-3111

PAGE TOP