地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

病院長挨拶

病院長挨拶

病院長 山下 静也 よりご挨拶

病院長 山下静也

病院長の山下静也です。この度は当センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。私が2015年8月に病院長として着任してから、早くも4年余りが経過いたしました。

当センターは全国に4つしかない特定感染症指定医療機関であるとともに、泉州救命救急センター泉州広域母子医療センターを有し、災害拠点病院、大阪府がん診療拠点病院、地域医療支援病院など、様々な医療機能を有した高度急性期病院です。病床数は救命救急病床30床、感染症病床10床を含め、総病床数388床を有しております。また、市立貝塚病院とは泉州広域母子医療センターを共同運営するとともに、泉州南部における病病連携・病診連携をより迅速にする新たな診療情報連携システム「なすびんネット」を導入して、患者様の検査画像も含めた診療情報の共有化など、地域医療の連携を積極的に、また先進的に進めて参りました。さらには、関西国際空港の対岸という土地柄、国際診療の領域でも外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)の施設認定を既に2度更新しており、国際診療では国内でも有数の施設で、医療通訳養成も含めた先駆的な取り組みを行ってきました。近年、海外、特にアジア地域からの旅行者数が激増し、その診療への対応が求められているだけではなく、特定感染症指定医療機関として重症急性呼吸器症候群(SARS)、新型インフルエンザ、エボラ出血熱、最近では中東呼吸器症候群(MERS)等の新興感染症のアウトブレークに備えて、関西の砦としての大きな役割も求められています。これらの重要な役割と実績が評価されて、平成30年4月から大学病院本院に準ずる医療レベルの実績があるDPC特定病院群(全国で155病院、大阪府内で14病院)として厚生労働省に指定されました。

一方、診療体制においては、厳しい人員体制が続いていた消化器内科が常勤医4名に加えて、外来応援医師2名、内視鏡検査応援医師9名の体制になりました。特に内視鏡治療に関しては、受け入れ体制も強化され、平日の日勤帯はもちろん、夜間・休日の緊急受け入れも多くの日程で可能となりました。また、昨秋には、病院3階部分を改修し、健診・人間ドック部門を拡張・充実させました。泉州地域の弱点である予防医学を推進するために、当センターではりんくうウェルネスケア研究センター(RICWA)を設立し、地域の医療スタッフの教育に加えて、地域住民の生活習慣病予防と病気の早期診断・早期治療が可能になるようにも取り組んできており、極めて高頻度の遺伝性疾患で、早発性冠動脈疾患を合併しやすい家族性高コレステロール血症の早期発見・早期治療のための啓発活動にも力を入れてきました。

昨年は、患者様に少しでもご利用いただきやすくするため、外来診察番号表示板を刷新いたしました。これまでの表示板よりも大きく、見やすく改善され、また外来ブロック以外からでも診察の進行状況が確認できるように調整しております。ご来院いただいた皆様が少しでも快適に過ごせるよう、妊婦食や患者食の美味しさを追求するとともに、皆様のご意見をお聞きしながら、今後も更に改善して、皆様にご満足頂ける食事にしていきたいと考えております。

「地域医療構想」の実現に向け、目まぐるしく変化している昨今、当センターも新たな医療情勢の中で常に当院に求められる役割を果たすべく、医療サービスの提供を行って参ります。また、これまで同様、地域医療支援病院として、地域包括ケアシステム構築の一翼を担えるよう、地域の関係者との連携を深めて参りたいと考えております。当地域は従来から非常に病診連携・病病連携が緊密に行われてきた地域であると認識していますが、当院では眼科、精神科をはじめとする一部診療科の医師不足により、あらゆる病態に対応できるわけではないという現実の重要課題がありますが、地域で支え合い、高度で良質な医療を提供できるように、病院全体がONE TEAMとなって努めて参る所存です。当院の医療連携や病院運営に関して、是非とも皆様方の忌憚のないご意見を賜りたく存じます。今後とも皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

2020(令和2)年1月
地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
副理事長・病院長 山下 静也

病院長履歴
 1979年3月 大阪大学医学部卒業 
 1979年7月  大阪大学医学部附属病院非常勤医員
 1980年7月  市立豊中病院内科医員
 1983年6月  大阪大学附属病院第二内科非常勤医員
(1988年5月~   米国シンシナティ大学臨床病理学教室 留学)
 1992年7月  大阪大学医学部助手
 2000年2月  同  医学部講師
 2000年12月  同  大学院医学系研究科助教授
 2005年10月  同  医学部附属病院・病院教授(循環器内科)
 2013年1月  同  大学院医学系研究科総合地域医療学寄附講座教授
 2015年8月

地方独立行政法人りんくう総合医療センター副理事長兼病院長

専門・資格等
専 門 脂質異常症(高脂血症)、メタボリックシンドローム、冠動脈疾患、動脈硬化症
資 格 日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本動脈硬化学会動脈硬化専門医・指導医
日本肥満学会肥満症専門医・指導医
日本医師会認定産業医
学会等 President, Asia-Pacific Federation of International Atherosclerosis Society Secretary General, Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases (APSAVD)
Fellow of American Heart Association (FAHA)
日本心臓病学会特別正会員(Fellow of the Japanese College of Cardiology:FJCC)
日本動脈硬化学会理事長
日本動脈硬化学会委員長(あり方委員会委員長、学会賞選考委員会委員長、五島雄一郎賞選考委員会委員長)
国際心臓研究学会(ISHR)日本部会評議員
日本内科学会近畿支部副支部代表・評議員
日本循環器学会評議員・利益相反委員会委員
日本循環器学会近畿地方会評議員
日本肥満学会評議員
日本心臓病学会評議員
日本冠疾患学会評議員
日本臨床分子医学会評議員
日本未病システム学会評議員
日本臨床栄養学会評議員

 

  • 病院概要
  • 072-469-3111

    PAGE TOP