地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

臨床技術科

基本情報

視能訓練士 紹介

視能訓練士とは

視能訓練士とは、1971年に視能訓練士法が施行され、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査、眼科にかかわる検査を行う医療スタッフです。

業務内容

視力検査、屈折検査、眼圧検査、視野検査、眼位・眼球運動検査、視神経検査、眼球突出度検査、両眼視機能検査、調節検査、色覚検査、網膜電図検査、角膜形状解析検査、角膜内皮検査、眼底写真撮影、眼底3次元画像解析検査などを行っています。

当院では、救命センターに搬送された頭部外傷などによる眼窩底骨折や脳疾患の患者様の検査、全身疾患に関連する眼科検査、入院中の眼症状や眼疾患のある患者様の検査などを行っています。

また航空身体検査、VDT健診などの特殊な眼科健診も行っています。

【Hess赤緑試験】
斜視、眼球運動障害、複視がある場合に行います。外傷による眼窩底骨折、甲状腺眼症、眼に関係する脳神経麻痺がある患者さんに行います。脳から眼の筋肉に至る経路での外傷、炎症、腫瘍、また糖尿病による神経麻痺がある場合にも行います。

 

【ゴールドマン視野計】
全視野を計測する動的視野計で、視野異常の疑いがある場合に検査します。視野の欠損や感度低下が分かります。眼球内、視神経、頭蓋内視覚路の病態診断、障害部位の診断に有用です。

【アコモドポリレコーダ】

調節異常をきたす疾患、眼精疲労や近見障害がある場合に検査します。VDT健診(情報機器作業に関する健康診断)でも行います。

歯科衛生士 紹介

準備中

外来診療受付時間

PAGE TOP