地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

薬剤科

アポイント予約システムへのご登録のお願い

  • 当院薬剤科(医薬品情報管理室)では取引業者担当者様の連絡先管理・アポイント予約システム(MONITARO-Lite)を導入しております。
  • 当システムにある担当者リストでの確認にて、当院の担当者として登録しておりますので、必ず登録後に情報提供活動等を開始してください。
  • 施設担当者の交代の際には、登録の変更をお願いいたします。

医薬品の情報提供について

製品に関する以下の情報提供は、当院薬剤部長宛に関連文書の送付(郵送またはメールでの電子媒体での提出)いただき、指示を仰いだうえ、必要に応じて各担当者までご連絡ください。
(ただし、当院職員からの連絡があった際には、この限りではなく個別にご対応ください)
*なお、緊急安全性情報や安全速報、回収情報、当院採用薬の製造販売中止・出荷停止に関しては、速やかに薬剤部長までメールによる連絡をお願いいたします。

  1. 緊急安全性情報、安全速報、回収情報
  2. 出荷停止、製造販売中止、供給不安定の発生及び解消に関する情報
  3. 添付文書の改訂に関する情報
  4. 製品概要、インタビューフォーム等の改訂
  5. 包装変更、名称変更、各種コード変更等に関する情報
  6. 講演会、勉強会等の案内

医薬品の宣伝活動について

新薬などを当院で宣伝活動を行う場合は、薬剤部長の許可を得たうえで宣伝活動を行ってください。
(ただし、当院職員からの連絡があった際には、この限りではなく個別にご対応ください)
*医薬品情報管理室に宣伝活動終了のご報告をください。必要に応じて添付文書やインタビューフォームなどの資料を求めることがありますので、その際はご提出ください。

医薬品採用までの流れ

各申請書に必要事項を記入の上、申請者より薬剤科へ提出されます。申請書の受理後、薬事審議会(偶数月の第1月曜日に開催)にて審議・報告等が行われます。

*各種申請書について
a.通常採用薬品申請書(様式1)
新規医薬品を採用し不特定の患者に使用する際に提出されます。

b.緊急採用薬品申請書(様式2)
新規医薬品を採用し不特定多数の患者に緊急で使用する際に提出されます。

c.限定購入薬品申請書(様式3)
特定の患者に治療上やむを得ず院内で使用する際に提出されます。

d.院外マスタ登録申請書(様式4)
院外処方のみ使用する際に提出されます。

ヒアリングについて

審議予定の医薬品等に関して、医薬品情報担当者よりヒアリングを実施させていただく事があります。
1医薬品につき30分(説明15分+質疑応答15分)となります。
内容としては、疾患治療の背景、薬剤の特性や注意点、従来品との比較、採用の意義について説明をお願いいたします。
ヒアリングシートご記入の上、下記資料(各1部)と共にヒアリング時にご提出ください。

  1. 添付文書
  2. インタビューフォーム
  3. 医薬品製品情報概要
  4. RMP概要付き
  5. PhaseⅢ原著論文

*なお、ヒアリング実施日時については担当者と調整しますが、午前中のご面談はお控えください。また当院へご訪問の際は、ご指定された日時に当院2階総合案内受け付けまでお越しください。

【ヒアリングシート(2022.11 Ver)】

医薬品情報管理室宛てへの資料の送付先について

医薬品情報管理室への郵送物等については以下へ送付お願いします。
郵便番号:598-8577
大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
りんくう総合医療センター 薬剤部 医薬品情報担当者宛て
電話番号(代表番号):072-469-3111

外来診療受付時間

PAGE TOP