地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

消化器外科

どんな病気を扱っているの?(大腸、肛門)

診療内容

下部消化管グループでは主として大腸・肛門および小腸の病気の診断と治療を行っています。下部消化管に関わる外科的疾患を扱っており、主には大腸がんを中心に大腸悪性腫瘍、大腸ポリープなどの良性腫瘍、小腸がんや小腸悪性リンパ腫や小腸GIST(消化管間葉系腫瘍)などの小腸悪性腫瘍などが主な診療対象です。虫垂炎や鼠径ヘルニアや腸閉塞や痔核・脱肛なども診療いたします。
外科手術のほかに大腸がんの化学療法、緩和医療、大腸内視鏡検査などの検査も行っています。

特徴・特色

下部消化管グループでは主として大腸・肛門および小腸の外科的疾患の診断と治療を行っています。当グループでは消化器外科学会専門医、大腸肛門病学会専門医を中心に、火曜日および金曜日に担当医が外来診療を行っております。
また当院の特徴として救急診療にも力を入れており、大腸がんに限らず下部消化管関連の救急疾患にも当院救命診療科と連携しながら対応しております。他院では診療困難な高齢者や重篤な基礎疾患のある患者さんに対してもそれぞれの専門科と連携し診療にあたっています。

※小腸、大腸、肛門の外科的疾患が対象となります。

領域

疾患名等
腫瘍性疾患 大腸がん、肛門がん、小腸がん、大腸ポリープ、大腸ポリポーシスなど
肛門疾患 痔核・脱肛,直腸脱、痔瘻・肛門周囲膿瘍、裂肛、肛門ポリープなど
急性腹症 急性虫垂炎、穿孔性腹膜炎、腸閉塞、大腸憩室炎など

 手術・治療について

1.患者さん一人一人の状態に合わせて治療方針を決定します

大腸がんに対して標準的な治療法を推奨している治療ガイドラインがあります。大腸癌研究会から出版されている2019年度版 大腸がん診療ガイドラインおよび世界的に広く使用されているがん診療ガイドラインのひとつでNCCNガイドラインです。当科ではこれらのガイドラインを参考に治療方針を決定しています。しかしながら、ガイドラインに沿った治療方法が様々な理由により適切ではない場合もあります。そこで、生活の質をできるだけ保つことができるよう、術後の機能を可能な限り残すことができるよう体にやさしい治療方法を選択し、病気の進み具合や体の状態を考慮しながら一人一人の状態に見合った治療方針を立てています。
ガイドラインを踏まえた治療方針および当科で治療を受けていただくにあたって特に重要だと考えられることを外来初診時より説明し、患者さんに治療について十分理解していただけるように初診時より患者サポートセンターを含めたチームで対応するように努めています。
入院中の経過・治療は、術後早期回復プログラムであるERAS (enhanced recovery after surgery)の要素を盛り込んだ内容としており、日々の治療内容や看護内容を日ごとに記載したクリニカルパスを作成し、そのパスに沿って患者さんに説明を行いわかりやすい医療の提供を心がけています。

2.体にかかる負担を少なくし生活の質をできるだけ保つ治療

<腹腔鏡下手術>
手術は腹腔鏡下手術を中心として行います。しかしながら、腹腔鏡下手術には開腹手術と比較して長所も短所もあります。そこで腹腔鏡の長所および短所を十分考慮して、根治性と安全性を重視しつつ腹腔鏡下手術を行っております。

(腹腔鏡下手術の長所)
・腹部の創が小さいので創の痛みが開腹手術より少なく、早期より離床が可能
・内視鏡により拡大視することができ、肉眼では見えないものが確認できる
・早期退院が可能                         
・手術中は気腹されていることもあり出血量が少ない         など

(腹腔鏡下手術の短所)
・創部が小さいため病変を直接触れて確認できない
・拡大視効果はあるが、腹腔内全体の視認しにくい
・開腹手術より多少手術時間がかかる                など

◆当科では腹腔鏡下手術を第1選択としており、2018年の当科での大腸がんの手術の約90%を腹腔鏡下手術で施行しています。がんにより通過障害を認める腸閉塞を伴った進行大腸がんに対しては消化器内科と連携して大腸ステント留置術を行い、その後に腹腔鏡下手術を行っています。また進行大腸癌に対しては手術後の予後の改善を目的として術前化学療法や術前放射線療法などを併用した後に腹腔鏡下手術を行っています。
さらに遠隔転移を伴ったStageⅣ大腸がんに対しても化学療法や放射線治療などを含めた集学的治療を行い、遠隔転移巣も含めた切除を行い予後の改善を図っております。

<経肛門式内視鏡下手術(TAMIS:Transanal minimally invasive surgery)>
肛門に近い比較的小さながんに対して経肛門的に直腸内を二酸化炭素で広げ、カメラの画像を見ながら鉗子で直腸腫瘍を切除する内視鏡下手術を行っております(図1,2,3)。全身麻酔下に視野がいい手術が可能になり、安全に確実に病変部を切除することができます。


図1 直腸腫瘍の切除のマーキング

図2 直腸腫瘍切除後

図3 縫合閉鎖後
 

<経肛門的直腸間膜全切除術(TaTME:Transanal Total Mesorectal Excision)>
直腸がんの手術では骨盤内での手術操作が必要とされますが、構造的に女性と比較して骨盤の狭い男性や内臓脂肪の多い症例および腫瘍の大きな症例においては骨盤深部での操作の難易度が非常に高くなります。そのために当科では経肛門的直腸間膜全切除術(TaTME:Transanal Total Mesorectal Excision)を導入し、腹腔側のアプローチだけではなく、経肛門的にもアプローチを2チームで行うことで、腹腔側では剥離操作の困難な骨盤深部の操作をより適切な剥離層で行っております。また経肛門的にアプローチをすることにより、直腸がんからの肛門側の適切な切離距離を確保しつつ、できるだけ肛門からの距離を温存した部位で直腸がんの切除を行うことで、できるだけ肛門機能の温存を図っています(図4-7)。


図4 経肛門的操作
 

図5 経肛門的な直腸切離

図7a 肛門側からの切離(2チーム)

図6 直腸切除後の腹腔側

図7b 腹腔側からの切離(2チーム)

 

072-469-3111

PAGE TOP