診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 脳神経外科

脳神経外科

診療内容と特色

ご挨拶

脳神経センターは、脳神経疾患全般に対して質の高い治療を提供し、泉州地域の中核をなす総合的な診療施設として、 最新の医学レベルの安全で精度の高い診療を地域に還元しております。
脳神経センターは脳神経外科、神経内科より構成されており、 脳脊髄腫瘍、脳血管障害、機能的疾患、脊椎・脊髄疾患、小児疾患等をはじめとした脳神経領域全般に対して、 最新の診断、治療技術に基づいた専門診療を安心して受けて頂けるよう心掛けております。
脳脊髄腫瘍では大阪府がん診療拠点病院として良性はもとより悪性脳腫瘍においても、 ニューロナビゲーターや手術シミュレーション、最新の手術器具による手術、放射線治療、化学療法(集学的治療)、免疫細胞治療、リハビリ、がんサポートチームによるチーム医療により全人的な治療を提供しております。 脳卒中ではSCUをもち、脳卒中優先病院搬送方式における中核施設として、 くも膜下出血、脳出血、脳梗塞に対する緊急手術、 血管内治療、tPA静注療法を行っています。
周辺地域病院と連携して脳卒中連携を密に行い、急性期から慢性期まで、リハビリを含めトータルな治療を提供しております。
さらに、脳血管外科部門も新設し、頸動脈ステントやコイル塞栓術などの専門的治療を積極的に提供しております。
パーキンソン病治療では、神経内科的薬物治療から、 薬剤治療困難例で脳深部電極設置術に至るまでを施行し、良好な成績を得ております。

学術面では国内の主要学会、国際学会での発表、ジャーナルへの投稿・掲載も続けるとともに、地域の学術活動の世話役も多く手がけております。
近隣の病院、診療所との連携、消防との地域医療ネットワークもさらに強化し、地域の中核施設として信頼されるように努めていきたいと思います。
当病院の理念を遵守し、当科での理念として、患者様一人一人の生活の質の向上と満足度の向上を第一に考えるという意味で、「すべては患者様のために」をスローガンとして、日常診療に取り組んでおります。
よろしくお願い申し上げます。

予防的治療についてお悩みの方へ

脳ドック、健診などでみつかった未破裂脳動脈瘤、内頚動脈狭窄症、無症候性脳腫瘍などの予防的治療についてお悩みの方へ、 最新の医療情報に基づき十分にご理解いただけるようにご説明いたします。
ご本人、ご家族の疾患、治療に対するご理解、お考えが非常に重要であり、 どのような治療法を選択するのか適切に判断いただけるようにサポートすることも私どもの重要な仕事と考えております。

  • 無症候性未破裂脳動脈瘤に対する外科治療
  • 頸部頚動脈狭窄症に対する外科治療

詳細は「予防的治療についてお悩みの方へ」ページをご覧ください。

りんくう総合医療センター 脳神経外科治療方針 病気別救急疾患

脳腫瘍
当院の脳腫瘍手術の特徴は、悪性脳腫瘍はもとより、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫などの良性腫瘍に対しても、 ニューロナビゲーター(file:Navi)、神経内視鏡などの最先端の画像技術を駆使する医療機器を用いた 手術療法、化学療法、放射線治療、定位放射線治療、免疫療法などを提供し、低侵襲的手術と生活の質の改善を目指しております。
悪性腫瘍に対しては、大阪府がん診療拠点病院の脳神経外科として、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、 その他関連諸科の専門医および看護師、理学療法士、栄養師、薬剤師、医療相談員等と協力し、 脳科学に基づいた診断、治療を行い、患者様に満足していただける治療の提供を心がけております。
「免疫細胞治療」(幻冬舎刊)でも紹介しております活性化自己リンパ球療法や樹状細胞療法についても、 瀬田クリニック大阪や大阪医療センターと連携して適宜実施しております。
脳梗塞
突然手足が動かない、呂律が回らないなどの症状が現れたら、 すぐに救急車を呼ぶなど受診をお考え下さい。 発症後2時間程度までに来院された方にはtPA静注療法や局所線溶療法の適応を判断させていただきます。
脳出血
最近は手術せず経過をみるケースが増加しているものの、開頭手術が必要な例も存在します。
高血圧性脳内出血については、ガイドラインが一つの目安になります。
くも膜下出血
直ちに出血の原因を究明するため検査が必要です。 脳動脈瘤破裂の場合、再び出血がおこればほぼ確実に患者様の予後を悪くしますので、 原則として急性期に開頭手術、もしくは血管内治療(コイル塞栓術)が必要となります。 当院では脳血管外科を新設し、血管内治療を充実しております。
最近は両者の成績について脳神経外科学会から詳細に説明されています。 大事なことは、脳動脈瘤の大きさ・部位等により両者どちらも得意とするところがあるので、使い分けできる施設であることが重要です。
頭部外傷
重症例は、原則として当院に隣接した泉州救命救急センターで受け入れています。
機能外科
機能外科とは、神経外科手術によって神経機能を良くしようという分野です。
当院ではパーキンソン病に対する深部脳電極設置術、痙直型脳性麻痺に対するバクロフェン療法、 遷延性意識障害に対する脊髄刺激電極設置術、片側顔面痙攣、三叉神経痛に対する微小血管神経減圧術や 前者や痙性斜頚に対するブロック療法(ボツリヌスA毒素)の治療を行っています。

脳神経外科トピックス

  • 1. 脳神経センターNewsを創刊しました。
  • 2. 膠芽腫に対してホウ素中性子捕捉療法(BNCT)による先端的治療の治験に参加しております。
  • 3. 脳神経外科専門医と神経内科医(脳卒中専門医)が協力し、脳神経外科疾患の専門性の高い診断、治療を提供しております。
  • 4. より安全、確実な脳腫瘍手術を可能にする「手術ナビ」を導入しました。
  • 5. 24時間対応の脳卒中救急体勢
  • 6. 血管内治療を安全に行うために最新の血管撮影装置を導入しました。
  • 7. 免疫細胞治療(活性化自己リンパ球療法、樹状細胞療法)
  • 8. 切らずに治す脳腫瘍治療(エックスナイフ)

詳細は「脳神経外科トピックス」ページをご覧下さい。

外来診療について

診療実績

  • 当院での取り組み
  • 主たる手術症例数
  • 手術件数の推移

詳細は「診療実績」ページをご覧下さい。

手術件数報告書

最近"良い病院"といわれる施設の判断基準は、施設の手術件数が多く手術成績が良いかどうかということにのみに着眼され、判断されているきらいがあるのではないかと私は考えております。
勿論それは重要な判断基準ではありますが、今脳神経外科受診をお考えになっている患者様、ご家族の方々に、さらに病院を選ぶプラスの基準となる点をわかり易くお話しさせていただきます。

詳細は「手術件数報告書」ページをご覧下さい。

脳出血患者管理のガイドライン

詳細は「脳出血患者管理のガイドライン」をご覧下さい。

NCDの手術・治療情報データベース事業について

当科は、平成27年1月1日より、一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業に参加いたします。

詳細はNCDの手術・治療情報データベース事業について」ページをご覧下さい。

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
萩原 靖
役 職:
高度脳損傷・脳卒中センター長兼脳神経診療部長
専門等:
脳神経外科、救急医学
詳細
出原 誠
役 職:
部長
専 門:
脳腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫、グリオーマ、転移性脳腫瘍など)
脳血管障害(脳動脈瘤、脳梗塞、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻)
機能的脳神経外科(パーキンソン病、難治性疼痛、痙縮、正常圧水頭症)
小児脳神経疾患(新生児水頭症)
詳細
桝田 宏輔
役 職:
医長
専 門:
脳神経外科、救急医学、
脳脊髄血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、
カテーテル治療(頭頸部、体幹部)、
外傷診療(頭頸部外傷、体幹部外傷)
詳細
菱川 恭子
役 職:
医長
詳細
井間 博之
役 職:
副医長
伊藤 弘
役 職:
医員
木本 優希
役 職:
非常勤医員
宗田 高穂
役 職:
(脳神経センター)認知症ケアセンター兼神経内科部長
専 門:
神経内科のページへ