地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

脳神経外科トピックス

最近の脳神経外科トピックス

1.脳神経センターNewsを創刊しました。

2011年5月、脳神経センターNEWSを創刊しました。
今後、脳神経センターよりさまざまな情報提供に努めてまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。

2.脳神経外科専門医と神経内科医(脳卒中専門医)が協力し、脳神経外科疾患の専門性の高い診断、治療を提供しております。

りんくう総合医療センターの脳神経外科専門医と神経内科医(脳卒中専門医)、第3次救命センターの泉州救命センターの脳神経外科専門医が協力し、脳外科疾患の診療を行う体勢です。
脳神経外科疾患を扱う病院としては、泉州地域で最も充実した病院となっております。 脳脊髄腫瘍、脳卒中、パーキンソン病などの脳神経外科疾患に対し、専門性の高い治療を提供しております。 ニューロナビゲーター、神経内視鏡等の導入による安全で確実性の高い手術の提供、脳卒中に対する24時間体勢での対応などを行っております。

3.より安全、確実な脳腫瘍手術を可能にする「手術ナビ」を導入しました。

人間の臓器で最も繊細である脳。脳腫瘍治療の究極は切らないで治すことは言うまでもありません。
しかしながら、現在の医療では、未だ、手術により病巣を切除することが、重要な位置を占めております。良性腫瘍であれば、手術による全摘出により、一発完治も可能です。 悪性腫瘍では、全摘出により、生命予後改善がより良く認められるという報告は数多くあります。 この重要な位置を占める手術を、より安全、確実にする手術支援装置にニューロナビゲーターがあります。平成21年度、当院にニューロナビゲーターが導入されることになりました。
「ニューロナビゲーター」は手術支援装置であり、脳内の海図の役割を果たします。 手術前にMRIやCT画像を取り込んでおき、手術台の患者の鼻、両耳を触れ、パソコンに頭部の位置情報を覚えさせます。 センサーを脳内に入れると、その場所がモニターの画像上に示される仕組みです(下図参照)。 衛星から見た位置情報と画面上の地図を合わせ、どこにいるかを示す乗用車の「カーナビ」に近いものです。 この装置により、かつて医師の”職人技”が頼りだった脳腫瘍手術が、客観的で確実にできるようになりました。
当院の装置の特徴は、CTやMRI画像撮影時に、頭皮上のマーカーを必要とせず、外来検査でもデータ取り込みが可能なことです。 特に、聞き分けのない幼小児においても、マーカー不要ですので、容易に使える利点があります。

ニューロナビゲーター
ニューロナビゲーター
4.24時間対応の脳卒中救急体勢

脳卒中は突然に次のような症状で発症します。
①片方の手足、顔半分の麻痺・しびれ
②ロレツが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
③力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする。
④片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける
⑤経験したことのない激しい頭痛がする。
このような症状が起こった場合は一刻も早く「119番」または当院に御連絡下さい。24時間対応の脳外科の救急体制をしいております。 平日夜間は脳卒中専門の当直が常時待機しており、土日休日はオンコール体勢で対応いたしております。
急性期から慢性期まで、脳外科手術、血管内治療は当然のことながら、リハビリを含めトータルな治療を提供しております。

5.血管内治療を安全に行うために最新の血管撮影装置を導入しました。

脳血管内治療は道具(デバイス)の進歩により急速な発展をとげ、対象疾患も動脈瘤、動脈閉塞/狭窄、硬膜動静脈瘻、脳動静脈奇形、脳腫瘍とその適応を拡げ、中枢神経系および頭頚部血管系の治療分野としては不可欠の治療法となっております。 今や脳血管内治療は血管障害の治療分野において、その機軸としての役割を担うまでになっています。 このような重要な治療をより安全に、かつ確実に行うためには低い被曝で、高品質な画像を得ることができる血管撮影装置が必要不可欠となります。 
平成20年度より飛躍的な画質向上と被ばくの低減が期待できるフラットパネルディテクター(FPD)を搭載した血管撮影装置を導入しております。 この装置により歪みのないクリアな撮像が可能になり、細かな血管やカテーテルなどの治療器具も鮮明に画像化できるため、血管内治療をより的確かつ安全に行うことができるようになっております。

ラットパネルディテクター(FPD)を搭載した血管撮影装置
ラットパネルディテクター(FPD)を搭載した血管撮影装置

 

072-469-3111

PAGE TOP