診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 総合内科・感染症内科

総合内科・感染症内科

診療内容と特色

概要

現在の医療は高度の専門化が進んでいる一方で、様々な病気を併せ持つ患者様に対して「全人的医療」を行うことのできる医師が少なくなっています。 そこで当院では平成25年4月より総合内科・感染症内科を新たに立ち上げ、診断のついていない症状ではじめて当院を受診され、どの専門科を受診すればよいかわかりにくい患者様に対して、専門分野を横断的に診療する幅広い総合診療を行っています。さらにその際に感染症および膠原病の診療を行う機会も多く、これも当科にて診療を行っています。

具体的には、一般内科疾患全般(内科救急疾患を含む)をはじめ原因不明の持続する発熱(不明熱)、関節痛などといった症状を持たれた患者様の外来、入院診療を行います。またその際に、高度な専門医療を要する場合には適切な各専門科に紹介させていただきます。さらに、当科以外の各専門科において入院治療を要する患者様に対しても、専門科と良好なコミュニケーションを保ち、多角的に相互補完するバランスのとれたチーム医療を実践し、患者様の全身管理のサポートを行っています。

またさらに、輸入感染症の診療も当科の重要な任務の1つです。 特に当院は、厚生労働大臣指定の我が国で3か所の特定感染症指定医療機関の1つであり、西日本では唯一です。当科にて感染症センターに入院された患者様の診療を行っています。

平成25年4月、りんくう総合医療センターと泉州救命救急センターがひとつの病院として統合しました。救命救急センターとの相互連携を深め、救急医療を含む総合診療と高度な専門医療とが多角的に相互補完する、これからの地域医療を支える新たな診療体系の構築を目標に、総合診療の強化を目指しています。

施設認定
  • 日本内科学会認定教育施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修認定施設
  • 日本感染症学会連携研修施設
  • 日本リウマチ学会教育施設

診療実績

新聞記事掲載のご紹介

読売新聞の医療コラム『深化する医療』に、「りんくう総合医療センター 感染症対策」(上・中・下)として3回にわたり掲載されました。

関先生が優秀演題賞を受賞しました。

当科後期研修医の関雅之先生が、第113回日本内科学会総会・講演会(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京)において優秀演題賞を受賞されました。プレナリーセッション10演題にも選出されており口演もされています。

  • 演題名:
    「当院におけるStaphylococcus lugdunensis菌血症例の生命予後を含む臨床的特徴について」
関雅之先生 受賞

後期研修医を募集しております

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
倭 正也
役 職:
部長兼感染症センター長兼院内感染対策室長
専 門:
総合内科、感染症、内科救急診療、集中治療
詳細
入交 重雄
役 職:
膠原病内科部長兼リウマチセンター長
専 門:
膠原病、総合内科、感染症 リウマチセンターページへ
詳細
藤岡 研
役 職:
医長
専 門:
総合内科、感染症
詳細
葛城 有希子
役 職:
副医長
専 門:
総合内科、感染症
詳細
関 雅之
役 職:
医員
専 門:
総合内科、感染症
詳細
三島 伸介
役 職:
非常勤
専 門:
渡航医学、総合内科、感染症
詳細