診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 総合内科・感染症内科

総合内科・感染症内科

診療内容と特色

特色

平成25年4月に発足した総合内科・感染症内科では、診断のついていない症状ではじめて当院を受診され、どの専門科を受診すればよいかわかりにくい患者様に対して、専門分野を横断的に診療する幅広い総合診療を行っています。さらにその際に感染症および膠原病の診療を行う機会も多く、これも当科にて診療を行っています。

具体的には、一般内科疾患全般(内科救急疾患を含む)をはじめ原因不明の持続する発熱(不明熱)、関節痛などといった症状を持たれた患者様の外来、入院診療を行います。またその際に、高度な専門医療を要する場合には適切な各専門科に紹介させていただきます。さらに、当科以外の各専門科において入院治療を要する患者様に対しても、専門科と良好なコミュニケーションを保ち、多角的に相互補完するバランスのとれたチーム医療を実践し、患者様の全身管理のサポートを行っています。

また、輸入感染症の診療(熱帯熱マラリア、デング熱、腸チフス、パラチフス、寄生虫疾患など)も当科の重要な任務の1つです。 特に当院は、厚生労働大臣指定の我が国で4か所の特定感染症指定医療機関の1つであります。当科にて感染症センターに入院された患者様の診療を行っています。これまでにエボラ出血熱疑似症患者や、MERS疑似症患者の対応も行っております。

救命診療科との相互連携を深め、救急医療を含む総合診療と高度な専門医療とが多角的に相互補完する、これからの地域医療を支える新たな診療体系の構築を目標に、総合診療の強化を目指しています。

診療内容
入院診療
基本的に当科では、科の特性から予定入院の患者様は少なく、総合外来や救急外来から緊急入院となった患者様の診療にあたります。
疾患は多岐に渡り、感染症(肺炎、尿路感染症、皮膚・軟部組織感染症、人工物感染、感染性心内膜炎など)のみならず自己免疫疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど)や成人スティル病といった多彩な炎症性疾患の診断および治療を行います。
さらには、炎症性疾患のみならず電解質異常や神経疾患、アレルギー疾患などの診療にもあたります。
外来診療
外来では、発熱、咳嗽、腹痛、頭痛、関節痛、めまい、痺れ、体重減少など様々な訴えで受診される初診患者様の診療や、入院で当科が担当した患者様の、退院後のフォローも行います。 初期診断から入院診療、また退院後まで治療経過を追うことで、疾患の経過を横断的に把握できます。
また、一般外来の他に、国際渡航ワクチン外来も行っております。
コンサルト
院内入院患者様の発熱や炎症反応上昇などに関するコンサルトを他科より引き受けます。ベッドサイドでの診察や臨床経過を踏まえ、主治医と相談しながら適切な治療方針を決定していきます。
また、ICU入室中の患者様に関しては、ICT担当医として感染症の関与が無いか連日注意深く観察し、主治医の先生と連携しながら介入させて頂いております。
施設認定
  • 日本内科学会認定教育施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修認定施設
  • 日本感染症学会連携研修施設
  • 日本リウマチ学会教育施設

診療実績

新聞記事掲載のご紹介

読売新聞の医療コラム『深化する医療』に、「りんくう総合医療センター 感染症対策」(上・中・下)として3回にわたり掲載されました。

関先生が優秀演題賞を受賞しました。

2016年4月、当科後期研修医の関雅之先生が、第113回日本内科学会総会・講演会(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京)において優秀演題賞を受賞されました。プレナリーセッション10演題にも選出されており口演もされています。

  • 演題名:
    「当院におけるStaphylococcus lugdunensis菌血症例の生命予後を含む臨床的特徴について」
関雅之先生 受賞

後期研修医を募集しております

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
倭 正也
役 職:
部長兼感染症センター長兼院内感染対策室長
専 門:
総合内科、感染症、内科救急診療、集中治療
詳細
入交 重雄
役 職:
膠原病内科部長兼リウマチセンター長
専 門:
膠原病、総合内科、感染症 リウマチセンターページへ
詳細
葛城 有希子
役 職:
医長
専 門:
総合内科、感染症
詳細
山本 優美
役 職:
非常勤医員
専 門:
感染症
詳細
三島 伸介
役 職:
非常勤
専 門:
渡航医学、総合内科、感染症
詳細