地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

小児科

2022年度実績は、コロナ禍の漸次的終息につれて、保育及び学校施設再開、感染予防策による感染症罹患者減少からの復帰、受診控えの減少などの影響が絡み合い、外来・入院ともに患者数はコロナ禍極期である2020、2021年度より徐々に回復してきた。
外来診療においては、年間外来受診延べ患者数(生後2週健診、1ヶ月健診、予防接種を含む)は8,316人(輪番救急外来受診患者を除く)、月平均693人で、コロナ渦前年2019年度の延べ受診患者数 11,299人、月平均約940人に比べ、26%減少まで回復、コロナ禍2年目の2021年度の延べ受診患者数8,666人、月平均722人に比べ、4%減少に留まり、ほぼ同数で経過している。

表1 夜間休日小児救急輪番受診児数

月1回担当

 

2次救急
(17時~23時)

1次救急
(23時以降)

受診者数

87

82

169

救急搬送

28

15

43

紹介児数

8

0

8

入院児数

6(7.0%)

2(2.4%)

8(4.7%)

表2 入院児主診断名

感染症及び寄生虫症
RSウイルス感染症 1
アデノウイルス感染症 2
ヘルパンギーナ 1
ロタウイルス性胃腸炎に伴う痙攣 1
急性腸炎 2
細菌感染症 3
血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害
組織球性壊死性リンパ節炎 1
内分泌、栄養及び代謝疾患
成長ホルモン分泌不全性低身長症 4
脱水症
1
神経性の疾患
てんかん 1
交感神経過活動発作 2
無菌性髄膜炎 1
呼吸器系の疾患
RSウイルス気管支炎 12
RSウイルス細気管支炎 13
RSウイルス肺炎 5
アデノウイルス咽頭炎 1
アデノウイルス肺炎 1
インフルエンザ肺炎 1
ウイルス性気管支炎 1
ウイルス性肺炎 1
ヒトメタニューモウイルス気管支炎 1
ヒトメタニューモウイルス肺炎 5
気管支肺炎 2
気管支喘息発作 2
急性気管支炎 1
急性上気道炎 4
小児肺炎 5
小児喘息性気管支炎 5
肺炎球菌肺炎 1
喘息性気管支炎 1
消化器系の疾患
急性虫垂炎 2
皮膚及び皮下組織の疾患
化膿性リンパ節炎 1
筋骨格系及び結合組織の疾患
川崎病 6
腎尿路生殖器系の疾患
急性腎盂腎炎 8
周産期に発生した病態
新生児遷延性黄疸 1
赤血球増加症による新生児黄疸 10
症状、徴候及び異常臨床検査所見で他に分類されないもの
熱性痙攣 3
損傷、中毒及びその他の外因の影響
食物によるアナフィラキシーショック 1
特殊
COVID-19 1

外来診療受付時間

PAGE TOP