地方独立行政法人りんくう総合医療センター

文字サイズ
072-469-3111

循環器内科

診療実績

心臓カテーテル検査

件数

2017年

1027例

2016年

1026例

2015年

1096例

PCI(経皮的冠動脈インターベンション)

件数

2017年

410例

2016年

398例

2015年

433例

EVT(下肢動脈インターベンション)

件数

2017年

36例

2016年

42例

2015年

49例

ICD、CRT、Pacemaker留置

件例

2017年

ペースメーカー     
ICD (植え込み型除細動) 
CRT (両室ペーシング)  

48例
5例
5例

2016年

ペースメーカー     
ICD (植え込み型除細動) 
CRT (両室ペーシング)  

48例
6例
3例

2015年

ペースメーカー     
ICD (植え込み型除細動) 
CRT (両室ペーシング)  

47例
7例
9例

不整脈に対するアブレーション

2015~2017年  53例

冠動脈造影CT(320列:1台、64列:1台)、MRI(3T:1台、1.5T:1台) などの画像診断装置をフルに活用

320列マルチスライスCT(TSX301A®;東芝)と64列マルチスライスCT(TSX101A®;東芝)を導入し、積極的に診断や治療に活用しています。

従来、狭心症の方を診断する場合には、入院して、カテーテル冠動脈造影を行う必要がありましたが、2008年に64列CTを導入後は、外来受診のみで、診断を行うことも可能となりました。 [※注意]

64列CTでも、カテーテル冠動脈造影と同等の十分な診断能力を保有していますが、320列CTでは、息止め時間が僅か3秒と短く、患者負担が軽減される上、不整脈による画像の乱れも起こりにくくなるメリットがあります。

MRIは、3Tと1.5Tを病態に応じて、使い分けています(MAGNETOM-3T®;シーメンス)(Singa-1.5T®;GE)。

2015年 冠動脈造影CT 720例

[※注意] 冠動脈造影CTは、入院を要さず、外来で診断可能な画期的な装置ですが、呼吸を約3~10秒間静止させる必要があります。そのため、呼吸静止が不可能な方や、体動が激しい方では、CTによる検査が困難になります。CT検査適応は、担当医が患者と相談の上、決めさせて頂いております。

072-469-3111

PAGE TOP