診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 放射線科

放射線科

診療内容と特色

概要

りんくう総合医療センターの開設に伴い新しい診療科として診療を始めました。最新の放射線診療機器をそろえた中央放射線部の中心的な働きを行う診療科です。
診療業務として放射線画像診断、放射線治療、カテーテル治療を行います。
病診連携を軸に放射線外来診療を行います。
地域医療の中核的な放射線診療とともに、関西空港を介して広く世界と繋がる放射線診療を目指していますので、よろしくお願い致します。

設置機器について

りんくう総合医療センター 放射線科では、画像診断がますます重要になることから、最新の画像診断装置や放射線治療装置をそろえて診療にあたります。 泉州地域では初めて64列のCT装置を導入しました。
これらの装置を使って最先端医療を行うとともに、正確で迅速な診断と患者本位の低侵襲治療を行う施設を目指しています。
また、当院で検査した画像はすべてデジタル保管を行い、診療データの完全な管理により診療の質をあげる努力をしています。

設置機器のご紹介
CT部門 MR部門
一般撮影部門 一般撮影部門(骨密度測定・骨強度測定)
血管撮影部門 X線TV部門
核医学診断部門 乳腺検査部門
放射線治療部門  

診療実績

  • 平成24年度は総読影件数28,867件
2012年度
部 門 件 数
CT 16,314件
MRI 7,572件
核医学 1,629件
IVR 90件

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
櫻井 康介
役 職:
中央放射線部長兼部長兼放射線治療センター長
専 門:
神経放射線、MRI
資 格:
日本医学放射線学会専門医