診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 耳鼻咽喉科

聴覚・言語支援センター

概要

難聴児や難聴者の聞こえの回復、音声言語障害児や障害者の言語治療に取り組むセンターです。

特色

当院は、泉州地域で唯一の補聴器適合判定施設基準に合致する病院で、従来より専属の言語聴覚士を有し、難聴者の聞こえの回復と音声言語障害の患者さまの支援に取り組んでいます。
この度、言語聴覚士の増員を得て、聴覚・言語支援センターとして、障害者へのさらなる貢献を果たしたいと考えています。

業務内容

業務は、大きく難聴の方への対応と音声言語障害への対応の2つに分かれています。難聴の方には、医療機器である補聴器や人工内耳、人工中耳を適切に調整することが欠かせません。しかし、この調節は必ずしも簡単ではありません。特に、小児の場合はこどもの発達に応じて調整したり、言語訓練を行うことが大切です。当センターでは経験豊富な医師、言語聴覚士がこれに当たっております。

言語発達遅滞支援においては、発達状態を評価するとともに、保護者様にお子様の普段の生活、性格などお尋ねしながら、お子様の能力を最大限引き出す訓練計画立案を行います。その後、お子さまの持つ最大限の力を引き出す言語療法に取り組んでいます。成人の痙攣性発声障害などには、発声訓練や、必要があれば投薬治療も行っております

泉州地域唯一の聴覚・言語支援センターとして、さらに役割を果たしてゆきたいと考えております。

聴覚・言語支援センター ホームページ