りんくう総合医療センターホームページ

りんくう総合医療センター看護局

部署紹介

部署紹介

8階山側病棟血液・糖尿・腎・肺・総合症more
8階海側病棟消化器・乳腺・甲状腺・呼吸器more
7階山側病棟循環器内科・心臓血管外科more
7階海側病棟整形・耳鼻科more
6階山側病棟泉州広域母子医療センターmore
NICU/GCU泉州広域母子医療センターmore
6階海側病棟泌尿器・形成・小児more
5階海側病棟救命・脳・神経・口腔more
HCUmore
5階山側病棟高度脳損傷・脳卒中センターmore
ICU/CCUmore
中央手術室more
外来more
救急外来more
患者サポートセンターmore
放射線科more
救命ICUmore
救命初療・手術室more
感染症センター輸入感染1類Ⅱ類感染症more

8階山側病棟

当病棟は、血液内科・腎臓内科・内分泌内科・総合内科の4科からなっています。血液内科では、化学療法や放射線治療、とともに、移植治療も実施しています。又、腎臓内科や内分泌内科では、人工透析の導入や糖尿病等の教育指導への取り組みと集合学習などを実施しています。
私たち病棟スタッフは、入院されたその日から、退院後の生活が安心して行えるように、日々看護ケアに取り組んでいます。そして私たちは常に進歩する病棟を目指します。

8階海側病棟

当病棟は、外科・消化器内科の病棟です。外科は手術治療を必要とされている患者さんが中心であり、心身ともに経過が日々変化していき、病態の変化によりそれぞれ提供すべき看護が違います。また消化器内科は内視鏡的治療が中心となり、非常に活気のある刺激的な病棟です。関わる医師の数も多く、活気あふれるナースステーションです。

7階山側病棟

循環器・心臓血管外科を主にICUと連携し急性期から回復期、退院に向けての看護を提供しています。看護の特徴は、各期に応じ、医師・コメディカルと連携・協働し心臓リハビリテーション、退院を見据えた生活指導、家族支援、また急変時対応・急変前段階での気づきの強化に努めています。循環器病棟は常にモニターと隣り合わせで「緊張」「怖い」のイメージがありますが、優しく、頼りになるスタッフ達が常に助け合いそれぞれの意見を尊重しながら、非常に風通しの良い環境の中でチームワークを発揮している病棟です。

7階海側病棟

耳鼻科・整形外科の混合病棟で、耳鼻科は外科的手術療法や化学療法、放射線療法などを行っており、整形外科は人工関節置換術、脊椎疾患の手術やリハビリテーションなど中心に行っています。ほぼ毎日手術があり、かつ、介助する患者さんが多くて忙しい病棟ですが、スタッフはみなチームワークもよく、楽しく穏やかに業務に励んでいます。

6階山側病棟(泉州広域母子医療センター)

産科病棟として、泉州地域の妊産褥婦さんのために安心・安全な妊娠から分娩・産後ケアまでの援助を行っています。泉州の地域周産期センターとしての役割も兼ねており、ローリスクの分娩からハイリスクの分娩まで、そして里帰り分娩・外国人の妊産婦さんにも幅広く対応できるようにしております。合併症などのない産婦さんには不要な医療介入はせず、本人の力を最大限に発揮できるようにサポートし、又医療介入の必要な産婦さんへは、産婦人科・小児科医師と協働しながら母子共にベストな状態を保てるようサポートしています。産婦人科診療相互システムの準基幹病院として24時間救急搬送を受け入れております。
産後は母児同室で育児全般のケアを行いながら、母乳育児にも力を入れ、産後2週間サポート事業として母子の健康状態を把握し育児不安や育児相談にも応じています。
当センターでは、助産師の約60%がALLJAPAN助産実践能力習得段階(クリニカルラダー)レベルⅢ認定登録者‐アドバンス助産師です。

NICU/GCU(泉州広域母子医療センター)

泉州地区周産期医療の活動拠点として、新生児診療相互援助システム(NMCS)に対応し、疾病新生児や早産児(在胎25週以上・出生体重500g以上)を受け入れており、各病態に対する急性期の全身管理から育児ケアまで一貫して行っています。 赤ちゃんとご両親の絆の形成を援助し、愛情を育める環境を目指し、面会時間の規制はなく、母乳育児やカンガルーケアの推進などファミリーケアに努めています。また、お母さんの子宮内により近い環境の中で最小限のストレス下で赤ちゃんが成長発達できるように、ディベロップメンタルケアや痛みの緩和ケアにも努めています。

6階海側病棟

泌尿器科・形成外科・総合内科・感染症内科・小児科・小児外科の混合病棟です。泌尿器科手術は月に30件以上あり、ほとんどにクリニカルパスを適応しています。
形成外科や感染症内科の症例は多種多様で、珍しい疾患の診断、治療なども行っており、個々に応じた治療、ケアが必要です。海外渡航歴のある方や、外国人患者さんの入院など、国際診療科と連携を取ながら、不安の軽減に努め、安心して治療を受けていただけるように努めています。新生児から100歳以上の患者さんがいらして、笑顔が多く明るい病棟です。

5階海側病棟

救命診療科、脳神経外科、神経内科、口腔外科の混合病棟です。救命診療科は主に泉州救命救急センターの後方支援病棟、夜間救急搬送された患者さんの緊急入院の受け入れを行っております。
救急科は主に外傷(全身)、消化器疾患などの患者さん、また脳神経センターでは脳腫瘍、脳梗塞、脳出血などの血管病変の患者さんが多く急性期からリハビリ期とスタッフは様々な疾患に対応しております。

HCU

重症度や看護必要度の高い患者さんが入室するハイケアユニット(HCU)が平成29年4月に開設しました。重症集中部門と一般病棟の橋渡しとしての役割を担うHCUは、緊急入院、急激な病状悪化から社会復帰に向けた、退院・転院に関わり、支援は多岐にわたります。看護師は専門的な知識や技術はもとより、観察力・アセスメント力・予測力・判断力・行動力・倫理に基づく看護観を備え持つことが求められます。日々、患者さんに満足して頂く看護を提供することに努め、やりがいを感じながら、学びを深めています。

5階山側病棟(大阪府泉州救命救急センター)

高度脳損傷・脳卒中センターとして、脳卒中急性期患者さんを受け入れるとともに、救命ICUの後方病棟としての役割を担っています。入院早期から他職種が連携し、退院後の生活を見据えた介入や調整を行っています。急性重症患者専門看護師や脳卒中リハビリ認定看護師も所属しており、患者さんやご家族に質の高い看護実践が行なえるよう、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

ICU/CCU

呼吸・循環・代謝・その他重篤な急性機能不全患者さんに対し、強力かつ集中的に治療を行うことによってその効果を期待する部門として、心臓血管外科・循環器内科・外科のほか、多くの診療科の患者さまが入室されます。医師・看護師だけでなく、臨床工学技士やリハビリチームといった様々な医療スタッフが横断的に活動、そして協働し、24時間を通した高度な連続的治療・援助によって、患者さんの生命を守り、また生命が危険に陥ることを未然に防止しています。

中央手術室

中央手術室では手術室6室を有し、内2室はバイオスクリーン・ルームとなっています。毎日15件前後の予定手術を行い、年間約3200件前後の手術に対応しています。24時間体制で緊急手術に対応することで泉州地域での高度医療を提供することが可能になっています。また、患者さんが安心して手術を受けられるよう術前・術中・術後を通してのケアに取り組んでいます。2017年度から周手術期管理センターを開設し、外来で手術が決定した時点から術後の早期回復に向けてのサポートを開始しました。手術中の待機家族に対して、手術の進行状況や、患者さんの状態について説明し不安の軽減に努めています。

外来

外来診療部門には、28の診療科と血液浄化センター室・採血、ペインなどを行う処置室・化学療法室があります。また認定看護師による緩和ケア・ストマケア・フットケア・心不全看護外来など専門的な指導・看護を提供しています。
外来看護師の視点を患者さんに向け、一言でも多く声をかけて、安心・満足な看護の提供を目標に日々の看護に従事しています。
高齢化社会を迎え、在宅での医療ニーズの高い患者さんが増加しています。
地域連携をはじめ、他職種との連携を図り、充実した日常生活を過ごせるような看護の提供を日々努力しています。

救急外来

救急外来では、小児から老年期の2次救急患者・紹介患者・泉州救命センター初期診療後の経過観察の診療に携わっています。
年間受診件数は約9500人で内救急車の受け入れは約3700人と年々増加傾向にあり、JTASを導入し来院の全患者さんにトリアージを行い患者さんの安全確保に努めています。
緊急度・重症度を見極める判断力を培い、患者さんの安心と満足を目指した質の高い看護を提供するためにスタッフ一同自己研鑽に努めています。

患者サポートセンター

2013年に「入退院サポートセンター」として開設され、入院患者さんの病床管理を含め、入院前問診、緊急入院の問診、クリニカルパスの説明・指導、入院案内、各種スクリーニングなどを含めた入院前支援・また、退院後の生活を見据えた退院支援、ケアマネージャー・地域連携室・病棟薬剤師などの多職種と連携しながら、安心して入院でき・安心して退院できる環境づくりを目指して活動しています。
りんくう総合医療センターサイト「患者サポートセンター」ページへ

放射線科

一般撮影、画像診断、血管内治療、透視検査、内視鏡検査、RI検査、放射線治療など様々なことが行われ、これらは各診療科の医師、放射線科看護師、放射線技師、臨床工学技士などのコメディカルなどと協働して行っています。予定・緊急問わず、心臓カテーテル、脳アンギオ、治療などにおいては救命センター、救急外来とも連携し1分でも早い受け入れが可能となるような体制作りをしています。

救命ICU(大阪府泉州救命救急センター)

医師、看護師、臨床工学技士、看護助手等のチームで、重症外傷、脳卒中、熱傷、急性中毒、急性腹症、その他重篤な患者さんの治療・看護を24時間体制で行っています。救命ICUの看護師は、搬入直後の超急性期からリハビリ期までの回復過程に関わり、患者さんやご家族さんが安心でき、さらに患者さんのQOL(Quality of Life)がより良いものとなるよう、質の高い看護提供を目指し活動しています。

救命初療/手術室(大阪府泉州救命救急センター)

大阪府南部地域において救急医療の中核を担い、日々重症患者さんを受け入れる体制を整えた三次救急医療施設です。私たちの部署は、患者さんが直接搬入され、初期治療を行う「初療室」を中心に、「手術室」、「血管造影室」を併設し、24時間体制で、受け入れから治療までを行っている部署です。そのほか、外傷患者さんに対しては、消防の覚知と同時に出動要請が入れば、現場まで医師と看護師がドクターカ―で向かう「覚知同時出勤」を行うことで、病院前から早期に必要な医療を提供しています。

感染症センター

感染症センターは輸入感染症の国内侵入を阻止するため関西国際空港対岸のりんくうタウンに建設されました。 担当地域や関西空港検疫所で診断された2類感染症患者の入院治療を行うほか、まだ我が国ではほとんど経験のない1類感染症や未知の感染症である新感染症についても、入院治療可能な特定感染症指定医療機関としての設備を備えています。

りんくう総合医療センター「感染症センター」ページへ