りんくう総合医療センターホームページ

りんくう総合医療センター看護局

キャリア開発

院内で行う教育はもちろん、院外研修へも積極的に参加することで、個別の能力アップを図っています。

さらにスペシャリストを育成するための支援制度も充実。
個々の希望に応じたキャリアアップを目指せる教育システムです。

教育体制

クリニカルラダーシステム

目的① 看護実践能力とコンピテンシーの到達目標を段階的に明示し、その到達を目指すことにより、質の高い看護を提供できる看護師の育成を図る。
目的② 看護実践能力とコンピテンシーを強化し、自己のキャリアを自分で設定して専門職業人としての能力を取得する。

S-QUE研修(衛星ハイビジョン研修&オンデマンド研修)を利用し、時間や場所を選ばず、自宅でも研修が受けられます。
教えこむのではなく、育む
生涯学習のための自立と自律をガイド&サポートします!

患者さまにとって「よい看護師」とはどんな看護師なのでしょう?
知識だけのナースでも、テクニックだけのナースでも、優しいだけのナースでもありません。 正しい知識と応用力、推論力、確実な技術と実行力、真摯で実直な態度など、総合的に一定以上のバランスがとれたナースこそが患者さまにとっての「よい看護師」なのだと思います。 そうなるためには学習と経験を繰り返すことが必要ですが、その土台には「教えられる」「やらされる」ではなく「目標をもって自分で成長する」ことが重要です。 多くの役割を担う急性期病院だからこそ求められるスキルは多く、そして高くなりますが、看護局では、看護師一人一人が専門職として自律した生涯学習ができるようになることを目指し、目標管理や職場内外学習連携などの学習支援環境を整えています。
りんくうで一緒に成長しましょう!

教育責任者 兼 急性期ケア推進室室長 川島 孝太



院内研修

クリニカルラダーに沿った研修が年間計画で行われています。

新人看護師(ラダーⅠ)の1年間
1年目は何もかもが初めて。不安で緊張して当たり前。だから当院ではまず集中研修で基礎技術をしっかりと学んでもらいます。段階的にステップアップしながら、看護師としての土台を固めていきましょう。
新人看護師(ラダーⅠ)の1年間

院内研修のすべての講義にシラバスを作成しています。

シラバスとは、講義の概要であり、到達目標、授業のねらいなどで構成されています。

シラバスの意義・効果 ~受講生にとって~
  • 研修の全体像をイメージしやすくなる
  • 研修の目標や内容が確認できる
  • 能動的な研修参加がしやすくなる
  • 予習復習がしやすくなる

エキスパートコース

エキスパートコースとエキスパート育成の目的

看護局理念に基づいて、各専門領域でのエキスパートを育成することにより、当院看護実践の質向上を図るだけでなく、看護師1人ひとりのキャリア支援となる。

エキスパートコースの種類

呼吸ケア
循環器ケア
糖尿病ケア
脳神経ケア
救急看護
褥瘡・ストマケア
がん性疼痛緩和ケア
がん化学療法ケア
感染    ・・・計 9コース

ジェネラル <目標>全病棟に共通した看護に必要な知識・技術・態度を習得できる。
★どの病棟でも必要な知識や技術を享受する講座群。誰でも受講可能。
ベーシック <目標>エキスパートの基礎的な知識・技術・態度を習得できる。
★エキスパート初球に必要な基礎的な知識や技術を教授する講座群。各病棟の特殊性に合う講座も展開。ラダーⅠやⅡでも受講可能であるが、内容はⅢ以上相応のものとなるので注意が必要。
アドバンス <目標>エキスパートとしてリーダーシップを発揮し、看護の質の向上を図ることができる。
★エキスパートとして必要な高度な知識や技術を教授する講座群。以下の条件を満たすラダーⅢ以上のもののみ受講可能。
①各コースの指定するベーシック講座を全て受講済み
②アドバンス受講テストに合格(5月・10月予定)