りんくう総合医療センターホームページ

りんくう総合医療センター看護局

看護局紹介

急性期・救急・災害に対応できる質の高い看護を提供することを目指しています。

看護局の理念

  • 1. 地域の基幹病院として、急性期・救急・災害の医療ニーズに対応できる質の高い看護を提供します
  • 2. 患者さまとパートナーシップを大切にし、そのひとらしさを尊重したケアを実践します
  • 3. 専門職業人としての倫理観と責任をもち能力の維持、開発に努めます

看護局の基本方針

  • 1. 患者及びその家族のQOLを目指した看護サービスを提供します
  • 2. 科学的根拠に基づいた看護実践と、人への配慮ができるケアを努力します
  • 3. 看護の専門性を発揮し、他職種とともにチーム医療を担います
  • 4. 社会の変化に柔軟に対応でき、向上心を持った自律した看護師を育成します

看護局長メッセージ

副病院長兼看護局長 藤野 正子 当センター看護師は「患者さまの権利を守り、個別性を尊重した看護」を展開しています。一人ひとりに応じた看護を提供するには、専門職としての確かな知識と技術が必要不可欠です。基礎が固まるまでの3年間はしっかり教育し、その後は自分のキャリアを自ら開拓していけるように、自己成長に向けて頑張る人に対してのバックアップは惜しみません。長く働きやすい環境づくりに取り組み、近年は看護師の離職率も1桁台に減少しています。より良い看護をともに目指して下さる方を、こころよりお待ちしております。

副病院長 兼 看護局長  藤野 正子



急性期ケア推進室

急性変化を辿る患者さま、また命の瀬戸際になり、このことをどう乗り越えればいいのかとお困りの重症患者さま・ご家族さまに、少しでも良いケアを実践していくことが「急性期ケア推進室」の役目です。ここでは専門看護師・認定看護師たちがそれぞれの専門領域の担当部署を活動拠点に、個々の患者さま・ご家族さまに応じた全人的ケアを展開しています。

急性期ケア推進室 川島 孝太

詳しくはこちら

チーム医療の推進

患者さま中心のチーム医療でそれぞれの高い専門性を発揮。

活動している医療チーム
  • 医療安全チーム
  • 感染制御チーム
  • 緩和ケアチーム
  • 栄養サポートチーム
  • 褥瘡対策チーム
  • 呼吸ケアチーム
  • 認知症ケアチーム
  • Rapid Response system RRSチーム

役割分担の推進

患者さま中心のチーム医療でそれぞれの高い専門性を発揮。

活動している医療チーム
薬剤科 すべての点滴のミキシングを薬剤部が行っています。
看護補助者 看護助手の夜勤導入を2011年度から開始しました。
•看護助手…看護実践の補助、患者の生活環境、日常生活に関わる業務
•看護アシスタント…看護ケアを中心に看護実践の補助
•看護クラーク…日中の診療に関わる事務作業
看護師の業務は幅広く、これまで多くの事務作業や雑務を行ってきました。しかしベッドサイドでの看護を重点的に行い、患者さまサービスをより充実させるために、他部門との協働を強めています。2010年より薬剤部がすべてのミキシングを実施、2011年より看護助手の夜勤導入、2012年より看護師アシスタントを導入することで、看護師が本来のケアに専念できる環境が整いつつあります。