りんくう総合医療センターホームページ

りんくう総合医療センター看護局

看護職員メッセージ

テーマ1.「4月に入職して」

救命ICU : 藤林 麻紀

4月に入職し、右も左も分からない環境で不安が強い中、先輩方に指導を頂きながら4ヶ月が経ちました。
救命ICUという特殊な場所で、聞いたことのない専門用語に囲まれ、見たことのない処置が続き、勉強に追われる毎日です。しかし日々の看護の中で患者さまから学ぶことが本当に多いです。
まだまだ患者さまの病態から看護につなげることが難しく、頭を悩ませていますが、患者さまに起こっている病状や起こりうる合併症など、先輩方が新人の私たちと一緒になって考えて下さいます。学生の時とは異なり、責任感と命の尊さを身にしみて感じるような現場です。戸惑いもたくさんありますが、超急性期から回復期まで自分で動けなかった患者さまが自分の足で歩いて帰っていくような場面を見ると、たくさんの職種が手を取り合い導いたものだと心から感じます。そんな素晴らしい医療の現場で働けることを誇りに思いながら、日々成長していけるよう精進していきたいと思っています。

7海 : 菊川 美帆

4月に入職し、学生時代では詳しく教わらなかった新しい気づきがたくさんあり、日々学習の毎日です。
私の所属する病棟は整形外科・耳鼻咽喉科の患者さまが多く、入院から退院まで、術前術後の看護も含めて行っています。手術後の疼痛が強くなかなか離床ができなかった患者さまがリハビリを進めて元気に退院されていく過程に感動しています。
最初は分からないことが多く覚えることばかりでしたが、「できないことに落ち込むのではなく、自分の精神状態を保つためにも1つ1つできることが増え成長していく自分を認めてあげることが大切である」ということを先輩方は教えてくださいました。
また、新人教育体制も整っており、1対1で教育してくださるプリセプターは私が自立できるよう、優しく親身に関わってくださいます。その期待に応えられるよう頑張っていきたいと思っています。
入職時に比べできる業務や知識が増えてきた分、より一層の責任を感じるようになってきました。まだまだ未熟であり、優先順位づけや時間配分が上手くいかずに戸惑うこともありますが、患者さまの安全を第一に考えて行動できるように心がけています。尊敬できる先輩方の看護を吸収し、常に課題と向上心を持ちながら自分自身も楽しく看護を行い、何より患者さまが入院生活の中で少しでも笑顔が増やせるように、またご家族にも温かく寄り添えるように一生懸命頑張っています。

6海 : 角谷 彩香

幼い頃からの夢であった看護師になり嬉しかった反面、本当に自分が看護師として務まるのだろうかと不安な気持ちでいっぱいでしたが、いざ入職してみるとそんな私の不安はすぐになくなりました。看護師として右も左も分からない私に対して1つ1つ丁寧に指導し、また失敗したときには何が原因であるのか分かるまで一緒に考えてくれる先輩方や、どんなときも私の味方で、悩んでいることがあれば相談できるプリセプターがいたからです。また、当病棟はパートナーシップナーシング制を採用しており、仕事中でも疑問や不安があればすぐにパートナーに相談できる体制となっています。心配性な私にとって、とても心強い環境です。
私が働いている6階海側病棟は、看護師の年齢に関わらず仲が良く、とても明るい病棟です。多職種との関係も良く、職種の壁を越えて、仕事終わりには食事に行ったり、休みの日にはイベントを楽しんだりとプライベートでも仲良くしてくれます。仕事と休みのオンとオフがしっかりしている職場だと思いました。入職してすぐは、休みの日でも仕事のことを考えがちでしたが、今では遊ぶときは思う存分遊んで、働くときはしっかりと働いてと少しずつ気持ちを切り替えることができるようになり、充実した毎日を送れています。
『私の看護で、1人でも多くの患者さまやご家族を笑顔にできる。』これが、私の目指す看護です。私の周りにいる温かい人たちの支えの中で、私の目指す看護に向かって頑張れると実感した4か月でした。

5山 : 神田 康平

入職当初の1,2ヶ月は、慣れない環境と初めてのことばかりで、緊張の連続でした。指示の読み合わせから朝のカンファレンス、清拭や経腸栄養などのケアの実施、先輩への報告、休憩時間まで病院にいる間は休まる時がなかったように思います。そんな私にも、先日、成長を実感できた場面がありました。
患者さまの良くなった姿に嬉しそうにされるご家族のことを見て、私も同じように嬉しく思うことができたのです。これは、今までになかったことでした。それまでは、日々の業務に追われて自分のことで精一杯で周囲のことを見る余裕はありませんでした。自分も喜べたということは、やれることが少しずつ増えてきて、微力ながらも役に立てたという実感と、患者さまやご家族の喜びに寄り添える余裕が出てきた結果だと思います。多少なりともここまで成長できたのは、日々の忙しい業務をこなしながら丁寧に教えていただいた先輩方のおかげと思います。
私は男性看護師ですが、男性だからといって困るようなことはなく、同期の女性看護師と分け隔てなく指導していただいています。これから色々なことを学び、より多くの仕事をまかせられるようになっていくのだと思います。自分にできるのか不安ではありますが、その反面、自分の成長を実感したり、患者様やご家族の喜びを一緒に共有できる場面が増えていくのではないかと、楽しみでもあります。

8山 : 黒田 知恵子

私は接客業を中心に働いてきましたが39歳で看護師になり、責任ある仕事に不安と期待でいっぱいでした。入職後は覚えることが多く分からない事だらけでしたが、プリセプターをはじめ他の先輩方の丁寧な指導により、少しずつですが日々の業務に慣れる事ができるようになってきました。失敗した時やできなかった所は「なぜその行動を取っていたのか、その時どう思っていたのか」を先輩と共に振り返り、次に活かせるように日々取り組んでいます。また、できていないと思いがちですが、できている所もしっかり見てくれている先輩たちがいることで『成長できている』と実感でき、嬉しく思います。
私の働いている病棟は血液内科・腎臓内科・内分泌系の病棟で、直接日常生活に影響する疾患が多く、入院中だけでなく退院後の生活を見据えた看護が必要だと思っています。患者さまと共に治療を進めていけるよう、頑張って学習しています。
先日、入職時から私を知る患者さまから「安心してお願いできるわ」と声をかけられたことがありました。看護師として少し自信が持てた瞬間です。社会人として学んできた経験を活かし、人と人との繋がりを大切にした看護師を目指したいと思います。

テーマ2.「病院・自部署の自慢」

EICU : 小治 愛理

私が所属するEICUは、三次救命救急センターに搬入された患者さんが中心で、複雑な病態整理の理解や生命維持装置の管理など高度な医療知識と技術が求められます。入職当初は重症患者さんを看護する事に不安も大きかったですが、経験豊富な先輩方に指導をもらい、少しづつ成長できることができていると思います。また、チームの雰囲気も良く、特に急変時のチームワークの良さはピカイチです!

中央手術室 : 今井 果菜

手術室では様々な科の手術を経験することで、勉強の幅を広げることができ、病棟とは違った専門的スキルを身につける事ができます。また、術中だけでなく術前・術後訪問を通して患者さんと関わることで不安の軽減に努め、少しでも多く患者さんに寄り添う事を心がけています。予定手術以外にも緊急手術の対応や、急変時シミュレーションを通して自身の成長へ繋げることができ、手術室でしか学べない事がたくさん学べるところです。

7山 : 池田 悠美

7山は、病棟全体的に仲が良いため、雰囲気も明るく、環境に恵まれているなと入職していて思います。
一つ一つの教育が丁寧で、先輩方もフォローでついてくださるので心強いです。また、一次救命や二次救命の訓練もあるため他の一般病棟よりも急変時対応の習得ができると思います。循環器病棟ということもあり、忙しいことも多いですが、笑顔も多く、先輩方や患者さんからたくさんの学びを得られる病棟だと思います。

5海 : 檜垣 一哉

5階海側病棟は、救急科・脳神経外科・口腔外科の混合病棟です。予定入院および緊急入院を受け入れています。救急科では幅広く疾患を学ぶ機会となり、また脳外科領域においては、日常生活の援助、失語などによりコミュニケーションの工夫が必要になります。毎日工夫し、患者さんに寄り添う看護を僕は大切にしています。当部署はスタッフ総勢44名で常に病棟は明るく活気に満ちあふれ、看護のやりがいを見出せる自慢の部署です。

テーマ3.「看護の楽しさ・厳しさ」

8海 : 栩原 みゆき

私の所属している病棟は、周手術期から急性期・終末期など様々な患者さんを対象に看護を行っています。
人の命を預かる緊張感の続く現場であり、急変や看取りも少なくありません。苦痛を伴う患者さんへの援助、予期せぬ急変や病状が厳しい患者さんに寄り添うご家族への援助に難渋する事も多いです。そこで、多職種との連携により、多方面の専門的な立場から手助けをもらい、患者さんの回復のお手伝いが出来た時は、やりがいを感じます。

初療/OP : 柴田 智子

現場では、短時間に多職種個々が最大限のチームワークを発揮する事が重要です。チーム医療が重要視されている近年、多職種がお互いの役割を補完しながら診療が展開され、お互いを尊重し合いながら、その結果として良い看護を提供出来たと感じた時、この部署で働ける喜びを感じます。あらゆるスキルが必要となる環境で、時には難しさや辛さもありますが、救命チームの一員として今後も良い看護を提供できるよう向上していきます。

NICU/GCU : 榊原 彩

看護の楽しさは、やはり大きなやりがいを感じられることだと思います。私の所属するNICUでは生まれたばかりの赤ちゃんが呼吸器をつけたり、点滴をしたりして一生懸命に治療を受け、生きています。その赤ちゃんをご両親が初めて抱っこする場面に立ち会えた時には、言葉に出来ないほどの感動とやりがいを感じます。
その一方で、厳しさは、その児の「命と人生」を預かる責任です。責任の大きさに何度もくじけそうになる時もありますが、先輩や同期に助けられ、また、赤ちゃんとご両親の笑顔に支えてもらいながら、毎日楽しく頑張っています。