地域連携

TOPページ > 地域連携 > 地域連携パス

地域連携パスについて

クリニカルパスとは

クリニカルパス(以下パスと略します)は、ひとつの疾患について治療の流れを日ごとに示し、 入院から退院までの医療の介入内容をまとめたスケジュール表です。 検査・処置・食事・清潔などに関する項目が設けられ、入院時に担当医師から手渡され、それに基づいて入院生活を送っていただきます。

それにより患者様がいつでも自分の診療状況を確認することができ、安心してかつ積極的に治療に参加することができます。

  • クリニカルパス:クリティカルパスと表現することもあります。

地域連携パスとは

昨今の院内完結型医療から地域完結型医療への流れのなかで、医療機能分化による地域医療連携の必要性が高まってきております。

そこで、病院内で活用していたパスの範囲を、地域の医療機関まで拡大したものを地域連携パスと呼び、 急性期病院とリハビリ専門病院や開業医など他の医療機関との間で共通のパスを作成し、切れ目のない一貫した治療を受けていただくことができるようになりました。

当院では以下の項目について地域連携パスの取り組みを行っております。
脳卒中地域連携パス
・脳卒中地域連携パス(泉州版)
がん地域連携パス
・大阪がん地域連携クリティカルパス
急性心筋梗塞地域連携パス
・泉州圏域急性心筋梗塞地域連携パス
泉州圏域糖尿病地域連携パス
大腿骨頚部骨折地域連携パス  
  • パスの種類(青字・下線部分)をクリックすると、事務局を担当している病院・施設のページへジャンプします。