診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > がん相談支援センター > [ ワンポイントアドバイス ] がんの診療の流れ

がん相談支援センターよりのワンポイントアドバイス
がんの診療の流れ

がんの診療の流れ

流れがわかると心にゆとりが生まれます。あなたらしく過ごすためにお役立てください。

1.がんの疑い
「体調がおかしいな」と思ったら、できるだけ早く受診しましょう。
2.受診
受診をするきっかけ、気になっていること、症状などを医師に伝えましょう。あらかじめ聞きたい事のメモをしておくと整理して話すことが出来ます。
3.検査・診断
診断のためにはいくつかの検査が必要ですが、結果が出るまでに時間がかかることがあります。医師から検査結果と診断について説明があります。不安であれば、どなたかと一緒に聞きましょう。
治療法を選択するために検査や診断の内容をよく理解しておくことは、大切です。わかりにくいことは、医師又は他の医療従事者に質問しましょう。
情報を集めましょう
がん拠点病院には、相談をうける担当者がいます。当院では、がん相談支援センターにお越し下さい。
4.治療法の選択
がんや体の状態に合わせて、医師は治療方針を説明します。ひとりで悩まずに、担当医や家族と話し合ってください。あなたの希望に合った方法を見つけましょう。
セカンドオピニオンも活用しましょう
5.治療
治療前や治療中に、困ったことや辛いことがありましたら、がん相談支援センターでもご質問をお受けしています。小さなことでもかまいませんので、気になることがありましたら主治医や、看護師、薬剤師などにお話しください。よい解決方法が見つかるかもしれません。
6.経過観察
治療後には、副作用の程度や異常の有無を確認するために、しばらくの間、通院して頂きます。一般的におよそ5年から10年くらいの期間、治療を行った施設や連携医で経過観察することが多いようです。