診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 検査科 超音波検査部門 > 簡単な虚血性心疾患の話

検査科 超音波検査部門
簡単な虚血性心疾患の話

簡単な虚血性心疾患の話

虚血性心疾患には、狭心症と心筋梗塞があります。狭心症は発作が治まれば元に戻りますが、心筋梗塞は元には戻りません。
狭心症には労作狭心症・安静狭心症・異型狭心症・不安定狭心症が有ります。

労作狭心症
労作狭心症は心臓に酸素を送る冠動脈の血管内腔が脂肪や他の細胞の沈着(プラーク)で狭くなる事により、 運動中(労作時)に心筋が酸素不足に陥って胸痛・胸部不快感が起こります。
安静狭心症
安静狭心症は安静時に冠動脈がスパスム(寒冷刺激や自律神経変動などにより冠動脈の局所が収縮を起こして、 狭窄や閉塞する現象)により心筋が酸素不足に陥って胸痛・胸部不快感が起こります。 プラークが合併していることも有ります。
異型狭心症
異型狭心症は安静狭心症の一種で早朝時に発症し、プラークによる狭窄はないか有っても軽度で、 主要冠動脈のスパスムにより完全閉塞をきたして発症します。
不安定狭心症
不安定狭心症は急性心筋梗塞と共に急性冠症候群と呼ばれるほど危険な疾患です。 上記3疾患がたいした事ないと言う意味ではありません。

血圧・心拍数の変動やスパスムなどにより、もろく不安定なプラークが破裂して血栓が形成され冠動脈が高度の狭窄を起こし発症します。
完全に閉塞するか高度の狭窄により心筋細胞が壊死した状態が急性心筋梗塞です。
心臓は大きく別けて3本の血管で栄養や酸素の供給を受けていますが、詰まった血管の下流の細胞が壊死します。
急性心筋梗塞の死亡率は急性期においてきわめて高く、 そのうちの約半数は発症後数時間以内に起こる重症心室性不整脈による突然死だといわれています。

心筋細胞の壊死領域を出来るだけ少なくし、重症心室性不整脈にならないためにも早期の治療が必要です。
胸痛や胸部不快感のある方は、我慢せずに循環器科を受診してください。