診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 放射線治療センター

放射線治療センター

診療内容と特色

平成20年10月に、放射線治療センターが新設されました。
放射線治療センターでは、主に悪性腫瘍(がん)を対象に放射線治療をおこなっています。 2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで亡くなる時代に、がん治療の3本柱のひとつである放射線治療の重要性は増す一方です。
当院では、新病院開院時より、リニアックを導入し、年間約250名の治療をおこなってきました。 脳腫瘍に対する定位放射線治療や骨髄移植の前処置としての全身照射もおこなっています。
放射線治療はこの十年の間にめざましい進歩をとげました。 新しい治療機器・照射法の開発や、抗がん剤の併用の研究などにより、 疾患によっては、手術と遜色のない治療成績を得られるようになってきました。
国内の多くの病院で患者数も増加の一途をたどり、がんの初回治療時に放射線治療を根治治療として 選択される割合も増えてきました。 しかし、欧米では、がん患者の約半数が放射線治療を受けるのに対し、 我が国ではようやく4分の1になった程度です。
「放射線治療でがんの克服をはかる」ことを目標に、患者さんに、信頼していただける、質の高い治療をおこなっていくよう努力していきたいと思います。

設置機器のご紹介

  • 放射線治療装置:リニアック
  • 放射線治療位置決め装置:CT
  • 放射線治療計画装置:3次元放射線治療計画システム

診療実績

  • 2015年度:
    1日平均治療患者数 16名
    新規治療患者数 164名、 治療部位数 182部位
原発部位別新規患者数(名)
部位 患者数
脳・脊髄 9
頭頚部 37
食道 4
肺・縦隔 14
乳腺 47
肝・胆・膵 3
胃・小腸・大腸 8
泌尿器 24
造血器・リンパ系 15
皮膚・骨・軟部 2
その他 1
特殊放射線治療(名)
  患者数
脳定位照射 0
全身照射 3

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
櫻井 康介
役 職:
中央放射線部長兼放射線科部長兼放射線治療センター長
専門等:
日本医学放射線学会専門医
治療担当技師
(4名)
医学物理士、品質管理士、放射線治療専門技師:1名
品質管理士、放射線治療専門技師:1名