診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

診療内容と特色

リハビリテーションセンターでは、身体に何らかの障害をきたした人々の社会復帰を目指し、理学療法、作業療法、言語療法によって失われた機能を再獲得するために、日々努力しております。

理学療法部門(PT)
理学療法(PT)では、身体の障害に対し治療、訓練の他電気、温熱、牽引等の物理療法を行い、疼痛の緩解や運動機能の改善をはかります。
また日常必要な動作の獲得、向上を目指し寝返り、起き上がり歩行等の基本的動作能力の回復をはかります。
2016年より外来の心臓リハビリテーションを開始しました。医師・看護師・理学療法士が連携し、心疾患をお持ちの患者様に対してのリハビリテーションを行っています。
作業療法部門(OT)
作業療法(OT)では、身体の障害や高次脳機能障害に対し日常生活で必要とされる動作の獲得をはかります。
また、日常生活動作能力の向上のため、応用動作(家事など)や作業活動等を利用し運動機能や認知機能の改善をはかります。また、屋上庭園の一角を利用し、園芸療法を行っています。
言語療法(ST)
言語療法(ST)とは言葉に障害をもった患者さんのコミュニケーション能力の改善や 正しい発音ができるように訓練します。そして、飲込むこと(嚥下)に対してもアプローチを実施し患者様のQOL(生活の質)の改善をはかります。

リハビリテーションセンターでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が中心になって、様々な障害を持つ患者さん達の望ましい生活が可能な限り送れるように努めています。 当院では、脳卒中や整形外科手術後のリハビリだけでなく、心筋梗塞や心不全、心臓手術後の心臓リハビリテーション、呼吸器疾患、手術後の呼吸機能に問題のある方に対し呼吸器リハビリテーションや ICUや救命救急センターでの早期からのリハビリテーション、また長期間の入院治療により、安静を余儀なくされ、座れない、歩けないといった患者様に対してのリハビリテーションも積極的に取り組んでいます。 地域のリハビリ関連病院との連携を密にし、なるべく早く安全に家庭生活、職場復帰ができる様、リハビリスタッフ一同、一層の工夫と熱意で取り組ませていただきます。

施設基準

  • 脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 心大血管リハビリテーション(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)
  • がんリハビリテーション

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
伊豆蔵 正明
役 職:
医療監兼リハビリテーションセンター長
樫根 晋
役 職:
糖尿病・内分泌代謝内科部長兼リハビリテーションセンター副センター長
専 門:
糖尿病・内分泌代謝内科ページへ
津野 光昭
役 職:
技術科長代理(理学療法士)
石田 恭子
役 職:
技術科長代理(理学療法士)
有資格者数
呼吸療法認定士10名
心臓リハビリテーション指導士5名
糖尿病療養指導士2名
認定理学療法士2名
国際PNF協会認定セラピスト2名
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士2名

2017年4月現在)