診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 形成外科

形成外科

診療内容と特色

概要

当院は日本形成外科学会認定施設であり、学会専門医が常勤しております。

また科単独の診療にとどまらず、他科との合同手術(頭頚部癌、乳癌などの癌切除後の再建手術)や、 隣接する泉州救命救急センターでの外傷後欠損・顔面骨骨折に対する手術など、地域医療に貢献する診療をおこなっております。

主な診療内容
  • 皮膚腫瘍、血管腫、先天性のアザの治療
  • レーザーによる皮膚疾患の治療
  • 瘢痕、ケロイドの治療
  • 巻き爪、陥入爪の治療
  • 臍ヘルニアに伴う出べその治療
  • 乳癌術後の乳房再建
  • 陥没乳頭の治療
  • 眼瞼下垂、睫毛内反の治療
  • 顔面神経麻痺の治療
  • 腋臭症の治療 など
皮膚腫瘍、血管腫、先天性のアザの治療
小さな皮膚良性腫瘍に対しては、日帰りの局所麻酔手術をおこなっています。 当科外来には3種類のレーザーがあり、各種適応疾患に応じて診療に使用されています。 血管腫用のダイレーザー、太田母斑・異所性蒙古斑などに対する アレキサンドライトレーザー、皮膚隆起性病変用の炭酸ガスレーザーの3機種です。
乳房再建
当科では、乳腺外科と連携し、乳癌術後の乳房再建をおこなっています。自家組織移植あるいはシリコン製乳房インプラントによる乳房再建が可能です。インプラントによる乳房再建は自費診療となりますので、詳しくは担当医とご相談ください。
眼瞼下垂
先天性または後天性のまぶたの下垂の治療が可能です。 加齢やコンタクトレンズなどが原因となる腱膜性眼瞼下垂の治療もおこなっています。
美容外科診療について

美容目的の診療(二重まぶたの形成、顔面のしみ・皺とり、脂肪除去、豊胸術、ピアスの穴あけ、入れ墨除去など)はおこなっておりません。
ただし以下の診療については自費にて対応しております。

  • 炭酸ガスレーザーによるホクロ、その他の皮膚腫瘍の除去

診療実績

平成24年度手術統計(2012年1月1日~12月31日)
熱傷 4
顔面軟部組織損傷 14
顔面骨骨折 20
四肢その他の外傷 18
外傷後の組織欠損(2次再建) 2
先天異常 19
良性腫瘍 351
悪性腫瘍 55
腫瘍切除後の再建 31
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 26
褥創 6
その他の潰瘍 14
炎症・変性疾患 40
その他 8
レーザー治療 87
合計 695

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
服部 亮
役 職:
科長
石原 崇圭
役 職:
医員