診療科・部門

TOPページ > 診療科・部門 > 呼吸器内科

呼吸器内科

診療内容と特色

概要

寄附講座の開設により、2012年4月から呼吸器内科の診療を再開いたしました。近畿大学より2名、大阪大学より1名の医師の派遣を受け、診療を行なってまいります。

疾患としては、頻度の高い慢性呼吸器疾患である慢性咳嗽、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、その他一般呼吸器疾患の診断、初期治療、長期管理の質を向上させることを目標に、診療を行なってまいりたいと考えております。

現段階では、外来診療のみの体制となり、疾患の増悪時に入院を必ずしも受け入れることができませんが、今後診療体制も含め発展させていきたいと考えております。

スタッフ紹介

氏 名 役職・専門等
久米 裕昭
役 職:
非常勤(寄附講座)
専 門:
喘息・COPDの診断と治療、咳の鑑別診断と治療
資 格:
呼吸器学会指導医・専門医、アレルギー学会指導医・専門医
東本 有司
役 職:
非常勤(寄附講座)
専 門:
喘息・COPD の診断と治療、慢性呼吸不全の治療とリハビリテーション
資 格:
呼吸器学会指導医・専門医、老年病学会指導医・専門医
平田 陽彦
役 職:
非常勤(寄附講座)
専 門:
呼吸器疾患全般
資 格:
内科学会認定医、がん治療認定医