病院概要

TOPページ > 病院概要 > さまざまな取り組み > 医療安全管理について > 4.インシデントレポートシステムの概要

医療安全管理について
4.インシデントレポートシステムの概要

病院でのインシデントレポートの報告方法

患者様に影響が出るまでに発見された医療事故予備軍をヒヤリハット事例と言います。 医療事故0レベルです。この段階で情報を共有化して全職員で事故を未然に防ぐ事が大切です。 そのためにはミスを隠さない環境作りが重要になります。

ヒヤリハット事例をなくす事はできませんがチェックの方法やシステムを変える事により事故になるのを防ぐ事ができます。 「ヒヤリハット事例の報告件数は多いが、重度な事故レベルが無い病院」が医療安全対策に努力している病院と言えるのではないでしょうか?

このため私たちはすべての医療用のコンピューター端末から無記名でヒヤリハット事例を入力できる環境を整え、多くの職員が入力しています。

私たちのインシデントレポート提出の基本概念

『情報の共有化を図る』

各部門(診療部門、看護部門、薬剤部門等)で発生したインシデントや医療事故については必ず報告し集積・分析・対策を講じる一連のシステムを構築し、 医療事故の再発防止のため、広く組織全体に周知を図り、情報を共有することが必要です。

私たちのインシデントレポートシステム

完全コンピューター入力で匿名性と発生源入力を支えています。
インシデントレポートシステム
実際の入力画面
インシデントレポートシステム 実際の入力画面
実際の分析画面
インシデントレポートシステム 実際の分析画面

このようにして毎日たくさんのレポートが作成され分析され日々安全な病院作りを行っています。