病院概要

TOPページ > 病院概要 > さまざまな取り組み > クリニカルインディケーター(臨床指標)

クリニカルインディケーター

クリニカルインディケーター(臨床指標)

地方独立行政法人りんくう総合医療センターでは、目標の一つに「病院機能の可視化」をあげ、その一環としてクリニカルインディケーター(臨床指標)を作成し公開していくこととしました。指標とした項目も今後、継続的に追加更新をはかります。

クリニカルインディケーターとは

クリニカルインディケーターとは、医療の質を表す指標です。近年、病院で行われる医療の質向上と安全に対する関心が高まり、様々な取り組みが行われています。各分野で着目する指標を設定し、取り組みや前後の経年変化を定量的に数値で収集し、より改善につなげるために検証していくものです。

用語として、臨床指標 Clinical Indicator:CI、または質指標 Quality Indicator:QIと呼ばれます。

病院全体の指標や診療領域で指標を設定し、数値を把握していくことは、情報の活用につながり、健全な病院運営上で必要となるものです。

    2011年 2012年
01 延入院患者数 99322人 108991人
一日平均 271.4人 一日平均 298.6人
02 退院患者数 7828人 7932人
03 平均在院日数 12.8日 13.6日
04 延外来患者数 204593人 205490人
一日平均 838.5人 一日平均 838.7人
05 病床稼働率*1 78.00% 85.80%
06 手術件数 3303件 3491件
07 全身麻酔下手術件数 2446件 2453件
08 救急外来患者数 6420人 5893人
09 救急車搬入件数 1937件 1849件
10 服薬指導件数 10635件 9726件
月平均 886件 月平均 810件
11 栄養指導件数 732件 945件
12 転倒転落件数*2 192件 238件
13 転倒転落発生率*3 1.93‰ 2.07‰
  • *1 感染症センターを除いた数値です
  • *2 入院患者の転倒転落報告件数
  • *3 分子:医療安全管理室へ インシデント/アクシデント レポートが提出された入院中の転倒転落件数
    分母:入院延べ患者数